ブログネタ
今日のつぶやき に参加中!
YUKA862_hisyoumun15210248_TP_V





就活生は本当に大変だなと思う。
今年就活をしていた大学4年生の知人の話。


1社内定が決まり、その後に受けた会社からも内定をもらえた。
後に受けた会社に勤めたいので、先に決まった会社に断りの電話を入れた。

ここまでは分かる。
いくらテキトーな私でも、バックレるようなことはしない。

問題はここからだ。

その後、知人は謝罪の手紙を先の会社に送った。
正直、意味が分からなかったので訊いてみた。

「なんで手紙を送る必要があるの?」
「それがマナーだって、ネットに書いてあったから」





こいつは何を言っているんだ?

「いや、今後関わることのない人に手紙を出して何になるの? 電話だけでいいでしょ」
「うーん、そうなのかなぁ…」

そうだろ、絶対に
一生会うことのない人に、マナーの良さをアピールして何になる?
書く時間と、切手代と、労力の無駄である。
常識で考えて、その行為が何の意味もなさないことに気づけないなんてどうかしている。
どこに書いてあったのか知らないけど、書いた奴も、こいつも、どうせ仕事のできない人間なんだろう


私が採用担当者だったらこう思う。
辞退したくせに手紙なんか送ってくるな。
これからまた別の人を面接しなきゃならなくなったんだぞ、めんどくさい。
そんな苛立ちの中届いた手紙を、差出人に見立てて破り捨ててやる

でも、同時に安心する。
こんな空気も読めない奴を採用しないで良かった。
どうせ会社でも空気を読めずに迷惑を掛けるだろう。
謝罪の手紙なんて無駄なことをしているんだから、どうせ会社でも無駄なことをするだろう。
学生なら、それに要した時間に英単語の1つでも憶えるか、アルバイトでもすればいいのに。
時間を効率よく使えない人間はウチの会社にはいらない、良かった良かった。


ネットに書いてあることばかり信じちゃダメだよ。
このケースの場合、電話だけで充分。
社会に出たら、効率を再優先に考えないとね。